なぜ商用ドローン保険?すべてのリスクのため

非常に多くの貿易が、商業的成長とサービスのためのツールとしてドローンを使用しています。ドローンは、無人航空機(UAV)や、遠隔操縦空中システムと呼ばれることがよくあります。これらの無人航空機は、軍事防衛、消防、写真と画像の撮影、監視、通信、農業、および食料、医薬品、その他の目的の配達に使用されます。近年、ドローンの使用に対する商業的関心が高まっています。

ドローンがビジネスや非営利のコミュニティに提供できるメリットはたくさんありますが、リスクは間違いなくあります。保険業界は、以下を含む主なエクスポージャーの補償範囲を計画しています。

•物理的損傷
•一般責任
•航空商業一般責任
•非所有航空責任

ドローンの使用に伴う主なリスクには、次のようなものがあります。

•空中でのドローンの衝突または人間が操作する航空機との衝突

•飛んでいる鳥、木、電柱、高層ビルなどの異物との衝突による損傷

•システムの誤動作、信号範囲外への飛行、または通信のない場所での飛行の結果としてドローンが制御を失った場合

•重要なインフラストラクチャを標的とし、関連する損失や損害を引き起こす悪意のある行為

•ドローンがダウンしたり、ハッカーを制御したり、データを盗んだりするために利用された無線信号のなりすましやハッキングを含むサイバー攻撃

•バッテリーの停電

•一般市民に代わって連邦航空局によって定められたプライバシー、不法侵入、および迷惑行為の侵害

•水先案内と操作のスキルが安全性と効率性に達していない場合

保護ドローン保険の補償範囲は、以下にリストされている次の業界で利用できるようになりました。

•農業、農業
•建設、改修
•ゼネラルコントラクター
•ホスピタリティ(ホテル、モーテル、旅館など)
•民間調査員
•住宅検査官
•ドローンおよび関連製品のメーカー
•写真家
•不動産
•学校および大学
•パーティーおよび特別イベント
•ドローン教育者およびトレーニングプロバイダー、フライトスクール、大学、カレッジ
•ドローンサプライヤーおよびディストリビューター
•ドローン修理およびサービスセンター

保険の査定は通常、次のような多くの変数に基づいています。

•ドローンの価値とそれに付随する機器
•距離と飛行能力
•ドローンの飛行空域
•保管場所
•貨物の種類
•ドローンの特徴
•特定の運用設計

商用ドローン保険の詳細については、経験豊富な独立代理店にお問い合わせください。彼または彼女の幅広い引受会社のネットワークを通じて、彼または彼女は、個々のエクスポージャーを特定し、関連する危険や危険からあなたとあなたの会社を競争力のある最低料金で保護する包括的な事業計画をカスタマイズすることができます。

If you loved this article and you would love to receive more details with regards to 市ヶ谷  i implore you to visit our webpage.

Share

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *